医療機関における看護部長の役割

看護の現場をまとめる管理職として、看護主任や看護師長という役職があります。看護師長は看護主任の上司に当たりますが、いずれにしても現場の働く看護師のまとめ役として活躍しています。

看護師として実務経験が10年以上あれば、看護主任の道が開けるでしょう。現場を掌握する実力がある看護師が、看護主任として抜擢されるのです。実務経験を更に重ねて15年から20年を経れば、看護師長に就任する可能性があるでしょう。

小規模の医療施設であれば、10年程度の勤務年数でも、看護師長に推されることも珍しくありません。単に勤務年数が長いというだけでなく、認定看護師や専門看護師など、特定分野のスペシャリストである資格を有する看護師が、こうした役職に就くことが多いと言えるでしょう。

特定分野の専門的知識を持つ看護師は、一般の看護師と医師の間に立って繋ぎ役を果たすこともあります。そして、25年以上の実務経験があれば、看護部長に抜擢されることもあるでしょう。

看護部長は、理事会等のメンバーで経営にも関わる重要な役職です。部下である看護主任や看護師長を通じて現場の声を吸い上げ、経営陣に訴える役割を果たします。

また、病床数に見合った数の看護師を確保できるよう尽力し、患者に対する看護師の割合を調整して医療報酬の増額なども検討しなければなりません。看護師の勤務形態にも配慮し、夜勤など不規則勤務が多い看護師の労働環境が劣悪にならないよう気を配る役割も担っています。

このように看護部長に求められることは多く、病院全体の目標の実現に欠かせない存在であるといえるでしょう。