看護部長になるまでの道のり

看護部長は医療機関における管理職の一つであり、看護部門においてはトップの役職です。看護師としてキャリアを磨いている方の中には、将来的に看護部長になりたいと考えている方も、少なくないかもしれません。

しかしながら実際に看護部長まで昇進できるのは、ほんの一握りの人達です。若いうちから少しずつ自分のキャリアを磨き、着実にステップアップする必要があります。

看護部長になるまでの具体的な道のりは、まずは看護主任からスタートします。看護主任は現場をまとめるリーダー的な存在であり、一人ひとりの看護師とコミュニケーションを取りながら、円滑に仕事を進めることが大切です。

実際に看護主任になるためには、10年程度の看護師経験が必要だと言われています。続いて看護主任の次なるステップが、看護師長です。看護師長とは、病棟や外来などの各部門の責任者です。

管理者として看護師の勤務表を作成したり、医療事故の予防措置を講じたりします。また経営陣と看護の現場をつなぐパイプ役でもあり、規模が大きな病院では、副看護師長が置かれるケースもあるようです。

そして看護師長から昇進すると、看護部長になれます。医療機関における看護師全員の責任者であり、病院の経営にも携わります。看護部長が病院の副院長であるケースも少なくありません。

実際に看護部長になるためには、上司や経営陣からの推薦が必要不可欠です。看護師として懸命に働き、上司からの信頼を勝ち取ることが、とても大切だと言えるでしょう。