看護部長を目標にキャリア形成をするには

看護部長は、各地の医療機関において現場の看護師を統率したり、質が高い看護師ケアを提供できる体制を整えたりするうえで重要な役職と言えます。

特に、病床数が多い総合病院などでは、全般的な看護業務のスキルが高く、かつ人間性が優れている看護部長が必要とされる傾向が見られます。

そうした中、看護師として医療現場で実務経験を積んでから看護部長を目指したい人は、管理職候補を対象とした研修の機会が用意されているところや、昇進や昇格のシステムが分かりやすいところを就職先に決めることが大事です。

また、看護部長として院内で責任のある仕事を担当するには、内科や外科など様々な診療科目の看護業務に精通しているのはもちろんのこと、新人や若手の看護師の指導がきちんと行えることが必須となります。

そのため、看護部長になるためのキャリアアップの方法について就職活動中に理解を深めたり、実際に看護部長を長年にわたり経験した人の体験談を参考にしたりすることも大切です。

なお、規模が比較的小さい病院では、院長だけでなく看護部長も病院経営に大きな役割を果たすことが期待されることがあります。そのため、セミナーや研修会などを通じて経営に関するノウハウを習得したり、長期にわたり病院のマネジメントに関するスキルを磨いたりすることが肝心です。

その他、看護部長の職務の内容は、勤務先によって違いが見られるため、採用後に力を発揮するには実務経験や適性が役立ちそうなところを見極めることがポイントです。